写真をデジタルデータで残すメリット・デメリット

共有も簡単!写真はデジタルでデータで保存しよう

近頃、高性能デジタルカメラの流行やスマートフォンのカメラの高画質化によって、誰でも手軽に素敵な写真を撮ることが出来るようになりました。昔と違ってフィルムが必要ないので、ついつい撮り過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。どれだけ撮影してもかさばらないのがデジタルデータの良いところ。それに、メールやSDカード、USBといった方法で簡単に家族や友人と共有できることも大きなメリットです。また、デジタルデータでは加工も簡単。うまく撮影できなかった場合はトリミングしたり、明るさの調整を簡単に行えます。スマートフォンにデータを残しておけば、いつでもどこでもお気に入りの写真を見ることが出来る点も嬉しいですよね!

データ消失に注意!大切な写真はプリントして残そう!

便利なことばかりに思えるデジタルデータですが、忘れてはいけないデメリットが存在します。それはデータの消失です。例えば、スマートフォンやUSBで大切に管理していたとしても、予期せぬ故障のせいでデータを取り出せなくなってしまうことがあります。ですから、記念写真など、本当に大切な写真はプリントアウトしてアルバムに綴じておくことをオススメします。SNSにアップロードしてバックアップを取るのも良いですが、SNSはあくまでサービス。いつ利用出来なくなるかわかりません。また、デジタルデータで写真を残すデメリットとして、管理が大変だという点が挙げられます。膨大なデータ量になると「あれ、あの写真どこに保存したかな?」といった状況になってしまうことが多々あります。デジタルデータはきちんと管理しないと後々苦労するので注意してくださいね。

© Copyright Save Your Photos. All Rights Reserved.